記録映像 WORKS

伝統芸能をはじめとした無形文化財や社会資本整備など、社会や時代が要請する記録映像の企画・制作。

上尾の夏祭り ~天王様と祇園祭 地域の行事~
上尾の夏祭り ~天王様と祇園祭 地域の行事~
完成年月: 2017年3月
クライアント: 上尾市教育委員会

埼玉県上尾市、神輿の遷御・還御に特色のある本町地区と天狗や獅子頭が地区の家々をめぐる特色のある菅谷地区、この二つの地区で行われる「天王様と祇園祭」。そして伝統的な要素が残る市内8地区の夏祭りを中心とした「地域の行事」。二つの作品をとおして、上尾市の夏祭りの内容を解明していく。

川名の四季 ~伝統と変容の間で~
川名の四季 ~伝統と変容の間で~
完成年月: 2017年3月
クライアント: 浜松市中山間地域の文化遺産活用実行委員会

国指定重要無形文化財「川名のひよんどり」、この祭りは静岡県浜松市北区引佐町川名で600年近く守り、続けられてきた。地域の人口減少と高齢化が進む中で、どのように地域の文化を守り、村を存続させていくのか。川名の一年を見つめる。

野中の田楽 ~大宮神社の秋祭りと芸能~
野中の田楽 ~大宮神社の秋祭りと芸能~
完成年月: 2016年3月
クライアント: 京都府教育委員会

丹後半島の山間の村、野中大宮神社の秋祭。
この祭りでは獅子神楽、太刀振り、田楽の3つの芸能が奉納される。
中でも、ビンザサラという古い楽器を持って様々な振りを演じ踊る田楽は、
平安時代から鎌倉時代にかけて盛んに踊られていた田楽踊を伝える貴重な伝承である。
ふるさとの歴史を受け継ぐ人々の誇りとして、現在も踊り継がれている。
 
・文部科学省選定 社会教育(教養)青年向き
・文部科学省選定 社会教育(教養)成人向き

> 詳しく見る

田山花踊り ~雨乞いと喜びの風流踊り~
田山花踊り ~雨乞いと喜びの風流踊り~
完成年月: 2016年3月
クライアント: 京都府文化遺産活用事業推進実行委員会

京都南部に位置する宇治茶の主産地、南山城村田山。
2メートルほどの竹竿に枝垂れ花を挿し、色とりどりの切紙を飾ったシナイを背負い、
奇抜な作りものと衣装で踊る「田山花踊」は、京都府無形民俗文化財に指定されている。
水の乏しいこの地で雨乞いの踊りとして、江戸時代から明治、大正まで踊られてきた。
現在雨乞いは行っていないが、田山の「花踊り」は南山城の誇りとして、大切に継承されている。
 
・文部科学省選定 社会教育(教養)青年向き
・文部科学省選定 社会教育(教養)成人向き

> 詳しく見る

下余呉の太鼓踊り ~湖北の新しい風~
下余呉の太鼓踊り ~湖北の新しい風~
完成年月: 2016年3月
クライアント: 滋賀県民俗文化財保護ネットワーク

少子高齢化、農業人口の減少などにより、民俗芸能の継承は多くの地域で危機的状況にある。
そんな中一度は途絶えてしまった踊りの復興に精力的に取り組むのが、
滋賀県北部の村、下余呉。
下余呉の太鼓踊りでは、幼児から中学3年生までの地元の子どもたちが主役となり、
太鼓や歌、囃子を担当する。
踊りを通して成長していく子どもたちと、それを支える大人たちのひと夏を描いた。
 
・文部科学省選定 社会教育(教養)青年向き
・文部科学省選定 社会教育(教養)成人向き

> 詳しく見る

世界文化遺産「吉野・大峯」 四季 吉野巡礼~聖なる山のふところ深く~
世界文化遺産「吉野・大峯」 四季 吉野巡礼~聖なる山のふところ深く~
完成年月: 2016年3月
クライアント: 吉野町教育委員会

一目千本と称され、数々の物語や歴史の舞台となった桜の吉野山。
桜を始め吉野山の四季とそこに繰り広げられる、歴史絵巻ともいうべき行事を紹介する映像。
多言語化事業の一環として、日本語の他、英語・中国語・韓国語・フランス語を制作した。

> 詳しく見る

世界文化遺産 吉野・大峯
世界文化遺産 吉野・大峯
完成年月: 2016年3月
クライアント: 世界遺産吉野大峯活性化事業実行委員会

霊場「吉野・大峯」から「熊野三山」に続く修行の道は「大峯奥駈道」と呼ばれ、
現在も修行の場となっている。2004年には吉野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」として
世界文化遺産に登録された。
春には約3万本の桜が咲き誇り、全国から多くの人々が訪れる「吉野・大峯」。
その魅力は桜の向こうへと奥深く続いている・・・。
「桜の向こうへ」「金峯山寺蔵王堂」「聖なる山の大伽藍」の3本を収録。

> 詳しく見る

龍が見つめる文教の里 ~多久聖廟と多久城下~
龍が見つめる文教の里 ~多久聖廟と多久城下~
完成年月: 2016年3月
クライアント: 公益財団法人 孔子の里

佐賀県多久市にある、儒学の祖・孔子を奉った重要文化財「多久聖廟」。
ここで行われる県指定重要無形民俗文化財である祭儀「釈菜」を通して、
多久市が“文教の里”となった裏側に潜む歴史ドラマをひも解き、
創建に込められた先人たちの想いを紹介します。
 
・文部科学省選定 学校教育教材 中学校生徒向き 社会
・文部科学省選定 学校教育教材 高等学校生徒向き 地理歴史
・文部科学省選定 社会教育(教材) 少年向き 地域社会生活(郷土の歴史)
・文部科学省選定 社会教育(教材) 青年向き 地域社会生活(郷土の歴史)
・文部科学省選定 社会教育(教材) 成人向き 地域社会生活(郷土の歴史)

> 詳しく見る

平方上宿の祇園祭 どろいんきょ
平方上宿の祇園祭 どろいんきょ
完成年月: 2015年3月
クライアント: 上尾市無形民俗文化財活用活性化実行委員会

上尾市大字平方の上宿地区で行われる埼玉県指定無形民俗文化財・平方上宿祇園祭のどろいんきょ行事は、「平方のどろいんきょ」と呼ばれ、毎年7月第3日曜日に行われている。この行事は、あらかじめ水を撒いた庭で、白木の「隠居神輿」を転がして泥だらけにするという、派手で豪快な珍しい内容で知られている。本作品では、この行事の歴史的背景や準備、実施する人々の役割なども含め、「平方のどろいんきょ」の全貌を明らかにすることを目的とした作品である。
 
・文部科学省選定  教養・情操 (伝統芸能)  成人向き
・文部科学省選定  教養・情操 (伝統芸能)  青年向き
・文部科学省選定  公民  高等学校
・文部科学省選定  社会  中学校

> 詳しく見る

浜松の横尾歌舞伎【普及編・記録編】
浜松の横尾歌舞伎【普及編・記録編】
完成年月: 2015年3月
クライアント: 浜松市中山間地域の文化遺産活用実行委員会

静岡県指定無形民俗文化財 横尾歌舞伎。
浜松市引佐町横尾・白岩地区で、江戸時代から続くこの地芝居は、高度経済成長期に多くの地芝居が消えていった後の今もなお、幅広い世代によって受け継がれている。
時代と共に移り変わる無形民俗文化財の、現代における在り方とは。
ひとつの答えが、横尾歌舞伎の中にある。
 
・文部科学省選定  社会教育 (教養)  成人向き
・文部科学省選定  社会教育 (教養)  青年向き

> 詳しく見る

  • 特徴
  • テレビ番組
  • ビデオパッケージ
  • 展示映像
  • 記録映像
  • 撮影・スタジオ設備
  • スタッフの声
  •