インフォメーション  INFORMATION

10月27日(火)よる9時30分~9時55分放送(NHK Eテレ)石川九楊の臨書入門  第4回「幕末の京 美しき尼僧と弟子の絆 大田垣蓮月×富岡鉄斎」

2015年10月26日

戊辰戦争の際、江戸に向かう西郷隆盛に
「同じ国の人同士が争う事は哀れなり」という歌を書きつけ
贈ったのが幕末の京に生きた大田垣蓮月という尼僧。

若い頃は容姿端麗の誉れ高い蓮月だったが、
わが子や亭主を次々と亡くす不幸な日々に心が折れ出家。
しかし、その和歌や書の才能は当代随一で、
さらに手習いで始めた陶芸も、やがて「蓮月焼」と呼ばれ京名物になる。
欲を捨て、「無私の人」として京の人々を支えた蓮月。
そんな彼女が晩年、近所に住む耳の不自由な少年に
わが子のように接し、薫陶を与えた。
それがのちに生涯1万点の作品を残した
最後の文人画家と呼ばれる富岡鉄斎であった。
師弟二人の書が語るその生きざまとは?

(再放送)
10月29日(木)あさ10時15分~ 総合
11月 3日(火)あさ11時30分~ Eテレ

【番組HP】http://www.nhk.or.jp/kurashi/doki-tue/